おもちゃ箱

趣味とか好きなことを詰め込んだものです

MENU

ジェネリック医薬品とプライベートブランド

 

こんにちは。

 

「ドラッグストアに行ったらジェネリック医薬品を進められた!!」と言ったものを見掛けたので、今回は意外と知られていない、ジェネリック医薬品と他の薬の違いについて簡単に説明したいと思います。

 

 

目次

 

薬の種類

・医療用医薬品(先発医薬品)

処方箋のことです。患者さんの体質や病状に合わせ指導の元、医師や薬剤師が処方してくれます。効き目が高く、副作用の恐れが高いので当たり前ですね。ちなみにジェネリック医薬品はこちらになるのでドラッグストアでは販売されていません。

 

・要指導医薬品と一般用医薬品

ドラッグストアなどで自分で購入できる薬のことで、OTC医薬品や市販薬などと呼ばれるものです。一般用医薬品は「第一類医薬品」「第二類医薬品」「第三類医薬品」に分類されています。

 

・要指導医薬品とは、元医療用医薬品のことです。薬剤師の指導の元販売することができます。したがって、ドラッグストアで購入することができます。

 

第一類医薬品とは要指導医薬品ができる前は、元医療用医薬品が第一類医薬品に降りてきたもので、ロキソニンなどがそれにあたります。要指導医薬品と同じく薬剤師指導の元販売されます。

 

第二類医薬品と第三類医薬品は、副作用や飲み合わせなどの注意が必要な医薬品(第二類)で、薬剤師か、一定の条件を満たした登録販売者が販売することができます。第二類医薬品は販売する時の指導は「努力義務」らしいです。第三類医薬品については特に説明はいらないそうです。

よく見る、パブロンやバファリンなどがそうですね。

 

ジェネリック医薬品(後発医薬品)

ここからが問題のジェネリック医薬品についてですね。簡単にいうと、

「新薬の特許が切れたので、同じ成分のものを安く売ります」見たいなニュアンスで捉えて貰えればと思います。なぜ価格が安いのか、主に新薬の開発にかかる費用になります。だから、先に安全性や有効性が確認された有効成分を使うジェネリック医薬品は価格が抑えられるわけですね。

新薬と何が違うかといえば、添加物や形でしょうか。

 

なんでこんなにも毛嫌いされているのか不思議に思う時があります。

 

PB商品

続いて、よくジェネリック医薬品と間違われるプライベートブランドの一般用医薬品についてです。

 

先ほど書いたジェネリック医薬品(後発医薬品)とPB商品は立場的には同じですね。

じゃあドラッグストアの医薬品で何が医療用医薬品(先発医薬品)の立場にあたるのかと言われれば、NB商品(ナショナルブランド)になります。大手有名企業の先発品ですね。パブロンとか、そう行ったものでしょうか。ドラッグストアで見かけるよくわからない、聞いたこともないようなパッケージがよくPB商品だったりします。

 

ドラッグストアにいる登録販売者に、オススメの風邪薬を聞くと、だいたいPB商品をオススメされますね。有効成分は同じなので、安いPB商品の方がいいと思うんですが。

 

 

なぜPB商品を進めるのか

 

圧倒的に利益が出るからです。これに限ります。

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。薬の違いがなんとなくはお分り頂けたかと思います。

 

今の季節、風邪気味だったり、少したてば花粉だったりでドラッグストアや病院でお世話になる方もいるでしょう。ドラッグストアで買う時、これと言ったこだわりがなければ価格が安いPB商品を買うのも一つの手だと思います。

 

まるでジェネリックとドラッグストアの回し者みたいになってしまいましたね(笑)体調に気を付けていきましょう。